【12/25】佐藤なーや クリスタルボウルライブ×写真展:記憶の呼吸

2020年11月10日

京都写真美術館 ギャラリー・ジャパネスク2Fにて、佐藤なーや クリスタルボウルライブを開催します。

【日程】
2020年12月25日(金)13:00-14:00 

★20名限定、有料イベントになります。
詳細・参加予約はこちらをご覧ください。
★お問い合わせ/お申し込み先 artfulsha@gmail.com

クリスタルボウルの音色は、水の音・風の音・波の音・森の音・鳥の声・虫の声などの自然界の音が詰まっているような温もりを感じます。
落ち着きのあるギャラリーで、写真や映像と、水晶が奏でる音による自然な時間をお過ごしください。
12/8〜25まで同時開催中の個展「記憶の呼吸」最終日のクロージングライブになります。

☆クリスタルボウル☆
天然水晶を溶かして作られたクリスタルボウルを、そっと叩いたり擦ったりして音を奏でます。
その音は風のように、水の流れのように、木々の葉の揺らめきのように心身を通過していき、自然の中に身を置いているようです。真鍮、銅、鋳物、スズ、アルミ、スティールなどの異素材楽器(おリン、シンギングボウル、チャイム等)で重厚な波紋の音を合奏する独自のクリスタルボウル奏法で、倍音を重ねていきます。時空間を満たし、空気中に漂う水分や体の中の水分にも響くような心地がし、森羅万象に満ちている音と共に、壮大な宇宙の中に存在している自分を感じていただくひと時をお楽しみ下さい。なーやクリスタルボウルPV公開中 https://youtu.be/LKEnzK53rkM

「なーや」
北海道出身 屋久島在住
屋久島の水晶とのご縁から、2007年よりクリスタルボウル奏者として音を紡ぐ。水晶の音と、スズ製の日本のボウルや、銅のシンギングボウルなどの異素材の音で倍音を重ねる独自の演奏スタイルを確立。樹齢千年を超える屋久杉の流木を磨く「屋久杉玉磨きWS」では、千年杉の香りや自然から作られたフォルム、微細で力強い木のエネルギーを各地へ届け、ウッドデザイン賞2017受賞(林野庁補助事業)。屋久島ではナビゲーターガイドとして、リトリートツアーを行う。また写真家活動として20年以上地球の命を撮り続け、2018年北海道美唄アルテピアッツァ、京都写真美術館にて個展を開催。2020年12月、京都写真美術館にて「呼吸する記憶」展が決まっている。アートフル舎 主宰
HP 
ONLINE SHOP