棚木 晴子「檻」展

レポート / 2019年3月15日

~動物の姿から、不自然な檻にとらわれた現代社会を客観視する~

会場にて、棚木さん。「初めての個展です。当時の自分が考えていたものが、今の技術で蘇りました」。自分が並べて見てみたいという気持ちと、見たいという人がいるかもしれないという思いから、作品として発表することにしたそうです。猿が多いのは、人間に近い動物として、感情も近いものがあるかもしれないと感じたからだと、棚木さん。動物園は人間のエゴだけど、見に行く自分もエゴのかたまりなんですよね、と少し寂しそうに語る姿が印象的でした。

閉じた扉に向かって手を広げるチンパンジー、金網の外をじっと見つめるトリ、コンクリートの上で何かを諦めたような表情のワニたち。檻の中からじっとこちらを見つめる動物園の動物たちの瞳は、何を伝えようとしているのでしょうか。

会場には、32点の作品が展示されています。ネガフィルムをドラムスキャナーで読み込みハーネミューレに出力したもの。年月の経過を感じさせない世界観が、浅い階調で美しく力強く表現されていて、だからこそ動物たちの諦観した表情が浮き彫りになっている気がします。

写真は真実を切り撮る力があると、棚木晴子さん。写真学校の学生だった約30年前に、各地の動物園を訪れて撮影したそうです。当時は感覚で撮っていたけれど、今改めて向き合った作品には、うまく言葉にできなかったその時の自身の感情が写っていたと教えてくれました。

動物たちはこれほどに切なげな表情をしているんですかという質問に、「よく見ると、こういう表情をしているんですよね」と棚木さん。檻にとらわれた動物たちの前で、カメラを向けながら自身の心の叫びを投影していたのかもしれません。

「当時はとにかく外に出たかったんです。だから動物たちも動物園で飼われる状況を受け入れているように見えて、本能では外に出たいと思っているかもしれないと感じました。気持ちを言葉にする術がないだけ。人間も似ています。いじめやDVなどで心の中にすごく辛いことを抱えている人は、自分の置かれている状況に気づけなかったり、うまく気持ちを表に出せなかったりします。でも不自然な檻の中にいる自分を外から見る客観的な目があれば、変わろうとできるのではないでしょうか」

展示の最後には、檻で囲まれた道を写した一枚の縦位置の作品が(写真右)。人間が檻に入った気分にさせるこの場所は、外界から人間を守っているようでありながら、閉塞感や恐怖心といった不自由な感情を抱かせます。

作品の最後には、檻で囲まれた道を写した一枚の作品があります。作品のように現実社会もいろんなしがらみで雁字搦めなのかもしれませんが、人間は自らの意思で置かれている状況を変えることができる。そういう気づきを得られる力強い作品です。ぜひ会場へ足をお運びください。

【棚木 晴子 写真展「檻」】
会期:2019年3月14日(木)~3月19日(火)
12:00~20:00(最終日は17:00まで)
会場:Alt_Medium
http://altmedium.jp/