背景
写真家

MOTOKO

MOTOKO

1966年大阪生まれ、1990年大阪芸術大学美術学科卒業。
1992年より2年間渡英後、1996年より東京で写真家としてのキャリアをスタート。
2006年滋賀を舞台にした「田園ドリーム」をスタート。2014年小豆島カメラを結成。
2016年社団法人ローカルフォトラボラトリーを立ち上げる。
キャリアスタート時からテーマは一貫して「自然と人間」。近年は「地域と写真」をテーマに、
香川県小豆島、神奈川真鶴町、長崎県東彼杵町、福井県小浜市など日本各地での写真によるまちづくり活動が多い。お
もな作品集に『Day Light』(2003)『京都』(2005)など。 現在、京都造形大学の東京支部、東京芸術学舎にて写真の教鞭をとる。
■受賞歴:読売広告賞、ロハス大賞など。

EXHIBITION写真展示情報